パーカッショニスト・池上英樹


by ikegami_hideki

<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

東京は桜満開でした!

いろんな打ち合わせをしてバタバタの滞在でしたが、コンサートも行ってきました。
アコーディオンの御喜美江さんのコンサート。
東京シティーフィルのソリスト長明康郎さんのコンチェルト。
どちらもこれから共演させていただくということで楽しみです。普段ほとんど音楽も、コンサートにも行かないのですが、たまに行くとバアーっといろんなものが入ってきて楽しいし、刺激になります。僕の場合これを一個ずつあれはなんだったのだろうって考えてしまうので、もうおなかいっぱい。これからじっくり思い起こします。

明後日から関西に行きます~

今年はいろんな新しい人との共演があって面白いです。1月は弦楽カルテットだったし、打楽器同士はほとんどないんですが、他の楽器のほうが僕にはあっているようですね。

4月のコンサートでは愛知県芸の先生の北住淳さんとも演奏させてもらいます。ホント最高!なピアニストなので、ピアノを聴きに来て下さい。僕はおまけでもいい!
[PR]
by ikegami_hideki | 2006-03-30 21:39

雪降りました

写真撮影なかなか大変でした~!写真を撮るために演奏したり、ポーズしたり、という経験は始めてでしたが、モデルさんの大変さがよくわかりました。オラはすぐボ~ッとしてフラッシュがたかれた時に目をつむってしまう。それをしないようにとするには結構の集中力がいるのでした。
演奏シーンにしても、何か音の聞こえないものに対して音を出すということの方向性がわからかった。普段と同じようにやって、それをカメラマンさんが拾ってくれるとしても。これも経験なのでしょうかね?
演奏の姿も打楽器といっても基本的に僕は上半身がほとんど動かないし、強い音でもわりと体は同じ状態をキープしている。全く固まっているわけじゃないんだけど、あんまし見て面白い演奏というのではないだろうな、と改めて思った。僕もここ5,6年かけて、音だけで表現するにはこれしかないと今の方向にスタイルを変えていったんだけど、今また新しい方向を考え続けています。正しいとかの問題じゃなく。

夜は楽器がない日になってしまったので(打楽器ではリハーサルなどで家の楽器を運んで次の日もそこに行くとかなるとこういうことがおこります)、少しゆっくり出来ました。こんな日もたまにはいいな~!でも今日もこれから打ち合わせでほとんど楽器がさわれないので、こうしてブログでも書いてます。朝っぱらから。 

では行ってきます!
[PR]
by ikegami_hideki | 2006-03-23 08:59

明日は写真撮影!

今日も練習漬けの一日。気がついたらもうこんな時間に!今からご飯食って、楽器を車に積んで、衣装を用意しないと。あ~アイロンがないって!?

ちょっとはかっこよく映るように早く寝ないと。まずい!
何かバタバタしてて変にテンション高くなってる!!
ってこんなの書いてる場合じゃない(笑)

何か訳わからん感じの文章になってしまってるけど、忘れないように今後書きたい内容について見出しだけ挙げておきます。

歴史性のこと
作品の内面をつかむ
コンビニ~二面性~それぞれ
頭からカラダへ

普通の文章?書いてますけど、もうぶっちゃけ毎日音楽のことしか考えてません。社会や心、人間関係含めて、音楽を通して考え、生活する毎日の変な人間なので
無理に普通の文を書くのはやめましょう。更新が停滞するもとなので。
書きたいことはいっぱいあるのだけど、作家でもないので気が向いたらってことでお許し下さい。でも上に挙げたことは順番に書いていこうと思います。最近のホットなことなので。

ホームページにはもう少しまとめて、打楽器のこと、ベルカントやその他ゆっくりと書いていきます。今はとにかく練習モードで、
本当は平和に毎日練習だけしてでも過ごしていたい。
でも人と関わらないと仕事にならないということなんですね、うまいことできてるよな。

hideki
[PR]
by ikegami_hideki | 2006-03-21 23:44

すごい風!!

ここ何日か突風が吹いてますね。庭の物干し竿が飛んだ!

朝から晩まで練習に明け暮れておりました。天気もいいと、窓から山々が見えて爽快です。さすがにもう時間も遅いしヤバイだろうとやめましたが、これから編曲やったり、まあこんな感じでパソコンをいじったり、メールを返したりして寝るのはいつも3時4時です。

今はマリンバでバッハ、ドビュッシー、フォーレ、アルベニスなどアレンジものを多くさらっています。打楽器はToucherという曲をさらっていますが、これはガリレオ・ガリレイの生涯というブレヒトの台本からの抜粋がフランス語で書かれてあって、それに母音が似通った音のする楽器が言葉の音節ごとに入るという(説明できないなー)曲です。どんな曲や!日本の落語に似てるかもと思いながらさらっています。5月末の九州が初演になります。多分日本ではやってないでしょうね。

今年はバチも自分のオーダーメイドを作ってもらっていて、仕上がりが楽しみです。ホントに使えるバチが市販のものではなかなかなくて、これからの分野だけに試行錯誤ですが、それもまた面白いかな。よく考えたらスポーツ選手とかと同じように自分だけにピッタリくる重さやバランスなどがあるはずなので、これまでよく貧弱な道具でやってきたな~と思います。ピアニストでいえば指ですから!これから理想的なものを追求していきます。

ここ1週間外にも出ずこもりっぱなしなので、生活リズムも安定してますね。来週はまたバタバタですが。暖かくなるのが目に見えるようで、オラの季節がやってきた~!


hideki
[PR]
by ikegami_hideki | 2006-03-19 00:47

新ホームページ

こんばんは!
毎日もう昼間は暖房いらなくなってきましたね。早く夏になってくれー!

一応ホームページ見れるようになりました。
アドレスは、http://www.geocities.jp/ikegami_hideki/index.html です。

まだまだunder constructionって感じなんですが、とりあえず進まないとね。
写真もバラバラ適当に入ってるし、音楽もまず手始めにって感じなので、これから増やして入れ替えていきます。太鼓のソロ曲はもうしばらく待ってくださいね!
ブログは少しずつ更新していきます。

DVD撮影の大筋もまとまってきて、練習しまくるのみになってきました。録音・撮影が始まれば、その模様もギャラリーにアップしたいと思っています。5月です。そうはいってもコンサートもあるし、また8月の河口湖音楽祭も5回目のコンサートということで、今回はかなり凝ったステージを考えています。河口湖在住の世界的道化作家むらいこうじさんの舞台美術やバレエダンサーも出演しての豪華なものになる予定です。

とにかく今まで一人で暖めてきたものをガーッと人と関わって出していく。そんな大変ですが、エネルギッシュな年になりそうです。

hideki
[PR]
by ikegami_hideki | 2006-03-17 00:19

山梨から

山梨もだんだん春の訪れを感じる日が出てきました。こっちに引っ越してから本当に季節の移り変わりを思い知らされます。まだ枯木のように見える木々も、じっと見てみると先には、ちょっと赤みがかった蕾をつけて一斉に開くときを待っているようです。今の僕の心境と重ね合わせてしまうんですが。。。

それはそうと今まで書いた日記はここに移せないので、僕の~クラシックを始めるから日本に帰る編~を読みたいという方は、ホームページのほうに順にアップしていきますね。
現在はDVD製作のため準備中です。4月からのスケジュールもホームページを見てください。

クラシックに衝撃を受けた時期
とにかくいろんなものを弾きたかった時期
難曲挑戦時期
そして、この作品をどう弾くから、何を弾く?なぜそれを弾く?にこれもまた自然の流れのように移っていっています。そして更に、先に向かうためには?何が新しいのか?進むことって?などなどいろんな自分にとっての難題があります。
パッケージングして商品のように切り売りする世界だけでは、本当の創造性など生まれないのでは?これは作曲することだけでなく、演奏するということにも当てはまりますよね。

クラシックの世界には当然、宝石のような、宗教書のような、etc..
あらゆる美しさ、厳しさ、悲しさ、!!!!ありすぎるくらいあるなあ。

ジャズ、ロック、クラシックと進んできた僕にとって、この打楽器というこれまたジャンルのない楽器を使って、さあ!自分の方向性を探す(何のために?仕事のため?)のは大海原に放り出された子供のような気分です。

あー、でも砂遊びでもするように好き勝手お山でも作ってこうか?!

hideki
[PR]
by ikegami_hideki | 2006-03-10 09:09